若松(簡易)基準局について

 若松基準局は、従来のGPS基準局と新たにGNSS基準局を併設しています。利用者様には、移動局側での衛星測位システムに合わせた補正情報(GPSまたはGNSSを選択)を受信し、ご利用ください。
 なお、GNSS基準局における受信衛星は、GPS+QZSS+GLONASSの3衛星としています。

基準局設置場所:北九州市若松区響灘町

注) 半径15〜20km位までRTK-GPSで測位可能です。(図示した半径は15kmです)
RTK-GNSSでは半径30km位まで測位可能です。

基準局座標及び送信情報 (世界測地系)
WGS-84 平面直角座標(Ⅸ系) 受信機
チャンネル
周波数
(MHz)
若松基準局(GPS)
緯度 33°56'14.1595"N  X 103961.866 m  5 or 24 229.600
経度 130°48'12.9184"E  Y -18156.966 m  若松GNSS基準局
楕円体高 41.143 m  H 8.737 m  8(*1) 229.675

(1)ジオイド高は、「日本のジオイド2011」を使用しています。
(2)基準局座標は、GNSSアンテナの底面で表示されています
注(*1)GNSS基準局の補正情報を受信するには、専用の受信機(RTCM3.X)が必要です。
RTK-GNSS測位に必要な移動局(作業船)側での機器について、不明なことがありましたら当機構にお問い合わせください。


基準局GNSS受信機の型式
GNSS受信機 GNSSアンテナ
Trimble社 NetR9 Trimble社 Zephyr Geodetic Model2型


topに戻る

    

お知らせ一覧に戻る