基準局利用のQ&A TOP > 基準局のGNSS対応について【応用編】
基準局のGNSS対応について【応用編】
Q1特定小電力無線による自社のGPS基準局を使用する場合、移動局のGNSS受信機で補正情報の受信が可能か?
A

  自ら設置するGPS基準局を使用する場合、特定小電力無線の通信容量(4800bps)の制約から、RTCM2.Xなら2秒間隔で送信するか、圧縮率の高いCMR等でRTK補正情報を送信する必要があります。移動局のGNSS受信機にはRTK補正情報に対応した設定をGNSS受信機に施します。(RTK補正情報(RTCM2.1)の場合、最近の受信機では対応しない場合があります。受信機の設定や機種についてはメーカー等に確認をお願いします。)

【参考】
※基準局から移動局へ補正情報を送信するために使用される補正データ標準フォーマットにはRTCMやCMRがあります。
 RTCMが補正データ標準フォーマットであるのに対して、CMRはTrimble独自のフォーマットです。



Q2特定小電力無線による自社のGNSS基準局を使用する場合、移動局のGNSS受信機で補正情報の受信が可能か?
A

  自ら設置するGNSS基準局を使用する場合、特定小電力無線の通信容量(4800bps)の制約から、マルチGNSS対応(GPS+QZSS+GLONASS+その他)のRTK補正情報に対して容量不足となります。使用する衛星数を絞るか(RTCM3.XにてGPSのみや、GPS+GLONASSで仰角マスクにより衛星の実個数を少なくする)か通信量の多い通信方法(9600bps以上)を使用する事を推奨します。移動局のGNSS受信機(RTCM3.X)では送信されたRTK補正情報に対応した設定をGNSS受信機に施します。(受信機の設定や機種はメーカー等への確認をお願いします。)