MADOCA (Multi-GNSS Advanced Demonstration tool for Orbit and Clock Analysis)

 MADOCAとは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発を進める高精度測位補強技術です。
 世界各地のグローバル基準局の観測データから、測位衛星の軌道誤差、時計誤差を精密に推定し、補正情報としてインターネットを通じてセンチメーター級の高精度な測位が可能となるサービスです。
 地球規模での広域利用が可能で、自動車の自動運転、船舶の自動操船、洋上風力発電建設、沿岸漁場整備、遠隔離島などの海洋土木での活用が期待されます。

PPP(MADOCA)システム構成


VRS (Virtual Reference Station)

 ネットワーク型RTK測位(VRS)は仮想基準点方式と呼ばれ、国土地理院の電子基準点を利用して仮想基準点を設定し、携帯電話網、インターネットにより補正情報を送信します。
 電子基準点網の外側では測位精度が低下する等の課題がありますが、機器等が簡素で、基準局の設置が困難な場合、内陸における工事、施設管理などで活用が期待されます。

RTK(VRS)システム構成



※利用料金に関しては、GPS機構にお問い合わせください。

※本サービスにあたっては、GPS機構が定める測位補正情報配信サービス規定に従うことを条件とします。